[08] 配線:ジャックへ配線

ピックガード側から、ジャックのほうへ2本のコードを通します。 2芯を分解した、ボリュームポットの真ん中の端子(2番端子)から伸びるコードはジャックのHOTへ、もう一方のポット裏からつながるコードをジャックのCOLDへ接続します。

下記配線図をご参考ください。

配線図
配線図

この配線図の「色」は、実際の配線の色とは関係ありません。

サウンドチェックしよう

この段階でミニアンプ等で、サウンドのチェックを行います。 一本だけでもかまわないので、ギター組み立てキットに付属のテスト用ギター弦を張って、問題なく弦の振動が出力されるか確認します。

ジャックをボディに固定します

ジャックに配線しよう!

サウンドチェックで問題なければ、ジャックプレートをネジ止めします。 ここでも下穴を開けてから、ネジ止めするとスムーズです。