[06] ブリッジの取り付けよう!

まずはペイントが済んだボディが傷つかないように、低い粘着力のマスキングテープ等でブリッジの周辺にテープを貼り、傷がつかないように保護して下さい。

ブリッジの設置には、6つのネジ穴が必要です。まずは下穴を開けるために、ボディにブリッジを仮置きして、ネジ穴部分にシャープペンシル等でマークを付けます。この時、ネックとブリッジが平行になるように、ブリッジの位置を決定しましょう。

ブリッジのとりつけ

ピックガードを仮止めしておくと便利です。

ブリッジの位置がきまったらネジ穴にマークをつけます

マークの部分に、電動ドリルで下穴を開け、6つのネジでブリッジを取り付けます。

下穴を開けます

アームアップ等フローティング状態にしたい場合は、ネジは最後まで締めきらずに、すこし余裕がある程度に残します。ボディとブリッジの間に厚紙等を敷いておくのもオススメです。チューニングの安定のために、ネジをしめきるという判断もアリです。

ドライバーでブリッジを固定します

アーム使用時にブリッジが固まったりしないように、確実にネジの角度はボディの表面に対して90度で設置してください。