[05] ピックガードの取り付け

ギターのボディにピックガードを取り付けます。
ここではピックガードの位置を決める際に、塗装を削ってしまわないように注意して下さい。

弦が3つのピックアップのポールピース上をきちんと通るか確認するため、ピックガードをのせた上で高いEの弦を取り付けてみます。
大丈夫であればネジ穴の印をブリッジに近い方からつけていきます。ここでも、先に下穴を開けてからネジを取り付けるとスムーズです。

弦がきちんとピックアップの上を通らないと、演奏に支障が出るので念入りにチェックしましょう。

ネジを締めすぎないように注意しましょう

ネジを強く締めすぎると、ピックガードのプラスチックが歪んでしまったり、一部飛び出してしまったりするので注意しましょう。