[01] ギターをつくろう!最初に確認すること

ギター組み立てキットは、本体と部品がセットで届きます。ギターを組み立てるうえでの注意点を紹介します。ここでは一般的な製作の流れを紹介していますが、慣れてきたら自分なりのカスタマイズを加えてギター製作を楽しみましょう!

製作の流れ

  1. まずは中身を取り出して、部品が壊れたりしていないか確かめます。また部品がそれぞれの場所にきちんとはまるかどうかもチェックしておきます。
  2. 組み立てる前に、ボディやネックの表面に色をつけたりデザインをします。塗料などを塗った後は、時間をおいて十分に乾いた後に作業します。
  3. ベースとなるボディに、主な部品を取り付けていきます。最初はネックやペグ、ブリッジなどを取り付け、その後、配線を行います。
  4. 最後に、弦高・チューニングなどを、お好みのセッティングに調整して完成です。

大まかな製作の流れはこんな感じです。あとは好きなようにカスタマイズしたり、演奏を楽しむだけです!ではスタートしましょう!

 

STタイプ・ギター組み立てキットの同梱物

ネック 1
ボディ 1
ピックガード&ピックガードセット 1
ジャックプレート 1
ストリングホルダーカバー 1
ブリッジ 1
六角レンチ 2
ペグ(チューナー) 6
スプリング 3
ブッシュ 6
ワッシャー(座金) 6
ブリッジ用ネジ 6
ストラップピン(ネック・クッションつき) 2
ストリングガイド 2
サービスはんだ 1
ネジ(ピックガード&ストリングホルダーカバー&ジャックプレート用) 19
ストリングホルダー(ネジ2個付き) 1
ネック用ネジ 4
ネックプレート 1
ギター弦セット 1
アーム 1
テスト用シールド 1

まずは同梱物に不足がないか確かめましょう!

同梱物を確認しよう!